ロックからブルース、ギターがメインの曲が多く・・
 来られた方は御承知のとおり、ギターソロがとにかく長い
オリジナルも多いけど、ジミヘンの曲にはファンが付くほどの好評判も得て・
(
多分、一番腰を振るからでしょう)
ジャンルはと問わればロックでしょうか・・・
ブルースも飛び出せば、港のヨ−コも出てきます

-赤目はとにかくナマのステージを見ないと語れない-
そんなバンドでもあります。

CDを聞いていても↓こんな画像は見れましぇん。




2002年だったかの年ぐらいに赤目というバンドがホセを筆頭に結成。

結成当時から3人編成で、バンド結成から今までの間、ベースの伸とホセはそのままで
ドラムだけが何度か変わり現在に至ってます。

初代ドラマーは京都では有名な三十三間堂に席を置いていた-岡崎としき氏-
彼は今、ニューヨークで玩具店を営んでいるらしい-

細かく変動はあったものの、今の赤目の基盤を作ったと言えるドラマーは-四ノ宮氏-
彼は長年ドラム教師を勤め、今はフランス料理店を経営する腕利きコックに。

その後四ノ宮氏の愛弟子でもあったりょうた君←君づけなのは彼は高校生の頃から赤目
のドラムを勤め通したから・・・・
ドラマーであった父の血をもろに継いだのか、負けん気と、腕の上げかたはカナリのもの。
彼は2004年の冬にオランダに渡る為離脱。

そして2004年夏〜2005年、ドラマーにまなて氏。

そして2006年
サミュエル岡本氏を迎え完璧な50台オヤジの底力バンドに変貌。
2015年
めでたく3人全員が還暦!
ハードさもほのぼのさもそのままに

各自の紹介は写真をクリックで飛べます。

ギター

ホセおやじ

ベース

ドラム

サミュエル岡本

☆彡

☆彡

↓過去にはこのようなバンドにも在籍しておりました♪